CASE

株式会社アメリカンホリデーズ
株式会社アメリカンホリデーズ

COMPANY PROFILE

株式会社アメリカンホリデーズ(従業員数:~50人)

企業紹介

海外での挙式写真や挙式姿で風光明媚なロケーションで記念撮影をするフォトウェディングを手がけています。新婚旅行ついでに思い出が残せるとあって評判は上々。大手旅行代理店と提携し、オプション商品として展開するなどして販路を広げ利用者が急上昇中。

事業内容

海外フォトウェディングサービスの手配・運営

採用職種、採用勤務地

総合職、東京

CHANGES

丸投げ利用前の採用の課題

  • 応募母集団形成
  • 工数削減
  • コスト削減

Before...

矢印

丸投げ利用後の採用の成果

短期間での採用成功、採用コスト低減、母集団早期形成、
潜在的候補者の発掘、採用ブランディング確立

After!!

【実際どう?】「キャリコネ転職 丸投げプラン」を利用してみた
企業の本音【アメリカンホリデーズ社】

「キャリコネ転職 丸投げプラン」を検討しているけれど、「なかなか踏み切れない」という経営者・人事担当者もいるでしょう。では、実際に利用している企業はどう感じているのでしょうか。今回は、株式会社アメリカンホリデーズ(取材当時従業員数5名)の代表取締役社長 遠藤 秀登さんの声を紹介します。

※本記事は、201812月の取材時点の情報をもとに構成しています


求人サービスの利用経験はなく、社長自ら初の中途採用業務を担当

──まずは、貴社の事業内容を教えてください。

弊社は、「ハワイ・フォトウェディング」に特化している企業です。結婚にまつわる世の中の価値観が大きく変化しているなかで、「結婚式を挙げずに写真撮影だけを行う」という新しいウェディングスタイルを提案しています。結婚式ではなく写真撮影がメインのため、価格を相当抑えることができる点もご好評いただいています。

日本ではプランの企画や販売手続きなどを行い、現地の提携サロンに送客していくというビジネスモデルです。「あえて結婚式は挙げないが、写真上では結婚式をやったように見せたい」といったニーズや、ハネムーンでの思い出づくり、結婚して何年か経ってからの記念撮影など、さまざまなご要望に対応しています。

アメリカンホリデーズ画像

──中途採用を行う背景は何だったのでしょうか。

事業が波に乗り、お蔭様で多くのお客様にご利用いただけるようになったので、より幅広いニーズに対応していくために、本格的な中途採用を行うことにしました。それまでは社員の紹介による採用(リファラル採用)しか行ったことがなかったのですが、より幅広く募集をかけることで、弊社の思いに共感いただける方や、新たな価値観を持った方に入社いただけることも期待しました。

 

──本格的な採用活動を行っていくにあたり、どのような課題がありましたか?

まず、社内に採用ノウハウが全くありませんでした。従業員数が少ないため、当然ながら採用専任の担当者を置くわけにはいきませんし、社員たちに兼任させて負担を強いるわけにもいきません。私自身が動くしかありませんでした。でも、通常の業務に追われるなかで新しいことを始めるは大変です。実際、採用サービスの検討に動き出すまでにも時間がかかってしまいました。

 

完全掲載課金型は自社のニーズにマッチしないと判断

──実際に、どのように採用サービスを検討していったのですか?

社長

 

大きく分けて掲載課金型と成果報酬型の採用サービスがあると思いますが、完全掲載課金型の

求人サイトは最初に検討候補から外しました。もちろん、どのサービスにもメリット・デメリットがありますが、掲載課金型の場合は多くの費用を支払っている企業の露出が増える傾向にあるかと思います。

弊社に関しては、大手企業のように一括で大量採用をしたいというわけはなく、「まずは1名採用したい」とい

うニーズだったので、マッチしないと考えたんです。人材採用難の状況ですし、大手に比べれば知名度も劣るので、掲載のみですぐに質の高い人材から応募がくる可能性は低いとも考えました。

──最終的に掲載課金型と成果報酬型を掛け合わせた「丸投げプラン」を選択したのはなぜでしょうか。

完全な成果報酬型サービスよりも成果報酬額が低く設定されていますし、期間に応じた費用を支払うことで、「この期間に採用する」という約束事が生まれるのもいいと考えました。

他にも費用面で近いサービスはあったのですが、「丸投げプラン」は広告配信やスカウトなども担ってもらえるという特徴があります。通常業務で手いっぱいななか、採用業務の多くを担ってもらえるというのは大きな魅力だったんです。

 

 

2か月間で20名の応募 負担を軽減しながらスピード採用

──実際に「丸投げプラン」を利用してみて、効果はいかがでしたか?

自らPDCAサイクルを回せるユーティリティプレイヤーを求めていましたが、正直そのような質の高い人材はなかなか採用できないのでは……という不安もありました。しかし、利用開始から4日後に早速2名の候補者をご紹介いただいたんです。まずは、その速さに驚きました。

2か月間での応募は合計20名。ミスマッチが起こらないように事前に選考いただき、実際にこちらにご紹介いただいたのは4名です。そのなかから、1名採用させていただきました。採用には半年程度かかると見込んでいましたが、嬉しい誤算です。

 

──「丸投げプラン」のサービス内容に関してはどうでしたか?

求人票の作成や効果の高い媒体への広告掲載、スカウトなどさまざまな採用手法を代行していただきました。転職アドバイザーの方が定期的に相談に乗ってくれたり、内定者の方に対して入社前や入社直後に適度なコミュニケーションをとってフォローしていただけたりするのもありがたかったですね。

私のほうでは、送られてきた履歴書や職務経歴書を確認し、面接をするという工程だけで済んだので、負担は少なかったです。我が社のようにまだ規模が大きくなく、専任の採用担当者を置けない企業には、「丸投げプラン」はおすすめだと思います。


いかがだったでしょうか。専任の採用担当者がいない企業にとって、採用プロセスをお任せできる点は大きな魅力になっているようです。今後も、実際に丸投げプランを利用した企業のさまざまな声を紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。